メインコンテンツに移動
つれづれ
盛岡の秋もすぐそこ、、

 

みなさんこんにちは!ますだです!

 

いま、札幌では先生たちが登り窯を頑張っている最中ですね!

みなさん無事でしょうか、、、

 

 

さて、久しぶりに盛南陶房の作品紹介です

 

少し季節外れ?になってしまいますがこちら!

 

””

 

蚊取り線香を入れる蓋物です☆

中と外と色分けされていて

透かし彫りから良い感じにルリ色が覗く素敵な器ですね。

透かしも花火?っぽさが夏っぽいですね~

 

 

そしてもうひとつ!

円山陶房のいろいろ
登り窯バスツアー

9月19日(火)道新ホール前を出発して登り窯を行っている芸術の森へいざ出発です。

引率させていただくのはUHB他講師の小倉先生と北海道陶芸協会の浅野で務めさせていただきました。

行きのバス内では、小倉先生より登り窯の説明があり、皆様熱心に耳を傾けていました。

続けて浅野より進捗状況をお話しし、その後は芸術の森まで思い思いに過ごしました。

 

到着すると

下沢先生より登り窯の説明と解説をしていただきました

ばす1

火を間近に見ながらの説明に実感が沸いたとのこと

つれづれ
登り窯レポート2

だんだん調子が出てきました。

登り窯1

つれづれ
台風一過

こんにちは!厚別陶房の井川です(^^)/

今日は雨雨雨、、、な日中でしたね。

でも、夕方からは雨もあがり、虹も出てました☆

厚別陶房は一面が窓なので、空模様がわかりやすいです!

井川の厚別陶房おすすめポイントであります!(^^)!

 

そんな厚別陶房

いま、みなさんの注目を集めている作品がありまして・・・

ご紹介を

””

「猫ちぐら」

なるものです!私は猫を飼ったことがないので知らなかったのですが、
寒いときは中で、暑いときは屋根で休めるようになっております。

作者さんいわく、中でも屋根でも休めるように、

また、屋根をはずして中を洗えるようになっている構造のものがないそうです!

ということで、「よっしゃ!作ろう!!」と野望を抱き、

つれづれ
登り窯レポート1

こんにちは、中島です。

各地で台風の影響が出始めてきましたね

無理な外出は避け、身の安全を確保してお過ごしください。

そんな中、毎年恒例の登り窯焼成を札幌芸術の森にて

行なっております。

幸い、風が弱いので焼成には今の所支障はなくおこなっております。

さて今年は、どんな焼き上がりになるのやら!

まだまだ序盤、頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

つれづれ
夏が過ぎ風あざみ

ごきげんよう、若山です。

この時期になるとラジオで「少年時代」や「夏の終わりのハーモニー」

とかがかかるではないですか。あれを聞くと、ああ本当に終わってしまう

んだなあ、とすごく侘しい気持ちになるものです。

さて皆様におかれましては今年の夏を満喫できましたでしょうか?

満喫できた方もできなかった方もまぁそれはさておき、

来たる秋に期待することといたしましょう!

 

秋といえば登り窯ですが、子供陶芸教室では毎年びえいで

開催される子供陶芸展が秋の一大イベントです!

もう制作はほぼ終わっていますがそちらの作品は審査前なので

まだご紹介できませんが、少し前に市民ギャラリーで開催された

文団協フェスティバルに出展した作品を一部ご紹介いたします!

まずはこちら!陶芸歴2年の男の子の作品です。